ライン

行灯

 古くは灯台を携行用にしたものですが、蝋燭が広く利用されるようになると提灯が携行用となり、行灯は室内用となりました。風で炎が消えたり揺れたりするのを防ぐため、角形の木の枠に紙製の火袋を張り、その中で油に火を灯しました。特に寝室用に使われる小型の行灯の中に、満月や三日月をかたどった窓を持つ物があり、有明行灯と呼ばれます。明るさのほしい時には木枠の上に載せ、暗くしたい時には木枠の覆いをかぶせ、満月または三日月の窓から漏れる明かりをたよりとしました。 また円筒形の行灯も登場しました。これは丸行灯と呼ばれ円筒形の火袋が回転し明るさ調節や油の補給ができるようになっています。小堀遠州の考案とも言われ、遠州行灯とも呼ばれます。
  江戸庶民の間では素朴な素焼きの瓦灯も広まったようです。これは人が起きている間は釣り鐘形をした素焼きの陶製の器の上で火を灯し、寝るときは火皿を釣り鐘の中に納めるような構造になっていました。この他に変わった行灯として、枕箱の中に小さな行灯と蝋燭やそろばんがセットで入っている携帯用の枕行灯や、がん灯と呼ばれる投光器等がありました。がん灯は円筒形の火覆いの開口方向を照らす方向に向けて使用するもので、この時中の蝋燭は火覆いをどの方向に向けようとも、常に垂直に立つように工夫されています。


各行灯1

角行灯2
がん灯

丸行燈1

丸行燈2

瓦灯

有明行灯1

有明行灯2

枕行灯

メール アイコン
トップ

ライン