マクサ(真草)

Gelidium elegans Kuetzing

羽状に繰り返し分枝する平たく線状(幅1〜2mm)の紅藻。糸状の根で漸深帯の岩の上に固着し、半球状に直立して生えている。高さ30cmに至る。寒天原藻として有名で、代表的なテングサ(天草)である。日本各地に分布。


●標本 Specimen
Gelidium elegans Kuetzing
Loc.: Shimohuro, Aomori Pref., JAPAN
Date: 19 Mar. 1988
Leg.: T. Kitayama
Det.: T. Kitayama
Register No.: TNS-AL-44919
採集地:青森県下北郡大畑町下風呂
採集日:昭和63年3月19日
採集者:北山太樹
同定者:北山太樹
備考:

●海藻画 Drawing
まくさ(岡村金太郎