HABs

藻類は、時に大量に発生し様々な問題を引き起こします。

このような藻類による問題現象を有害有毒藻類ブルーム(Harmful Algal Blooms: HABs)と呼びます。

ブルーム (Bloom)とは「開花」という意味で、プランクトン藻類が大量に発生し、

花が咲いたように赤や藍色に色づいた状態を比喩しています。

また、このような水の着色現象は「水の華」(water bloom)とも呼ばれます。

HABsを直訳すると「有害藻類増殖」になりますでしょうか。

日本では、その場で問題を起こす場合(有害)と、食品を通して問題を起こす場合(有毒)を分けて考えることが多いため、

有害有毒藻類としています。

「有害有毒藻類ブルーム」も「水の華」も、英語表現を翻訳したもので、分かりにくいため、

一般的にニュースなどで使われることは少なく、研究者もハブ(HABs)などと英語で呼ぶことが多いです。

日本ではむしろ、その色に注目し、「赤潮」「アオコ(青粉)」「青水」などと個別に呼んでいます。

「有害有毒藻類ブルーム」も「水の華」も、基本的にはプランクトン性の微細藻類を対象とした用語です。

しかし、付着(ベントス)性の藻類にも問題を引き起こす場合があります。

このホームページでは、微細藻類の引き起こす問題現象を幅広く紹介するため、

このような付着性藻類の問題現象も対象に含めました。

微細藻類のHABsのページへ

HABs