学名 Dinobryon
記載論文
よく使われてきたシノニム
大きさ
分類特徴 2本の鞭毛を持つ細胞が扇形につながって群体を作る。この扇形の群体は、本属に特徴的な形であるため、分類は容易である。種の同定は細胞のくびれ方や群体の形で行う。濃いホルマリン固定によって、群体がくずれ、ばらばらになることがあるので、注意が必要である。この崩れやすさは種によると思われるがはっきりとしない。
生態(浮遊・塩・季節)
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害) 赤潮の原因生物
参考文献 水野・高橋(2000)日本淡水動物プランクトン検索図説
1 Dinobryon sp.
解説
2 Dinobryon sp.
解説
3 Dinobryon sp.
解説
4 Dinobryon sp.
解説
5 Dinobryon cylindrica
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.