学名 Peridinium biceps F.Stein
記載論文
よく使われてきたシノニム
大きさ
分類特徴 多くのダム湖、特に関西以西のダム湖で赤潮の原因生物となり、優占する。分布が広がっており、本邦の淡水赤潮の大半はP. bipes f. occultatumによる(今村 1995).
多くの淡水赤潮の研究が本種を対象として行われてきた。P. bipes f. occultatumは変種レベルとして扱われることもある。ここでは本グループに含める。
翼片や網目構造が発達し、その構造は光学顕微鏡でもSEMでも明瞭である。
生態(浮遊・塩・季節)
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献 今村(1995) in 小島ら. 環境微生物図鑑 水野・高橋(2000)日本淡水動物プランクトン検索図説
1 Peridinium bipes f. occultatum
解説
2 Peridinium bipes f. occultatum
解説
3 Peridinium bipes var. occultatum
解説
4 Peridinium bipes f. occultatum
解説
5 Peridinium bipes var. occultatum
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.