学名 Nitzschia
記載論文
よく使われてきたシノニム Nitzschia acicularis
大きさ
分類特徴 Nitzschia属のうち、殻縁が細長く伸びるグループはプランクトン性のものが多い。これらは、N. acicularisと同定されることが多いが、実際には多くの種類が存在する。N. dravelliensisは、琵琶湖南湖や霞ヶ浦で見られる大形の種類である。
Ulnaria属とも似ているが、生サンプルでNitzschia属は中央が切れている二個の葉緑体を持っていることや、Nitzschia属は顕微鏡下で動くことがあることから、区別することが出来る。
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊性
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献 渡辺ら (2005) 淡水珪藻生態図鑑
1 Nitzschia pumila?
解説
2 Nitzschia dravelliensis
解説
Tuji (2013)
3 Nitzschia dravelliensis
解説
4 Nitzschia aff. pumila
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.