学名 Epithemia
記載論文
よく使われてきたシノニム
大きさ
分類特徴 特徴的な山なりの殻形と横断する太い肋によって容易に同定できる。本種は湿原で見られる事が多い付着性種である。ダム湖で出現することは稀と考えられる。
生態(浮遊・塩・季節)
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献 渡辺ら (2005) 淡水珪藻生態図鑑
1 Rhopalodia gibba
解説
2 Epithemia turgida
解説 殻形は一見するとCymbellaに似ているが、葉緑体がCymbella属はH型をしていることで区別できる。
3 Rhopalodiaoperculata?
解説
4
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.