学名 Craticula
記載論文
よく使われてきたシノニム Navicula cuspidata
大きさ
分類特徴 Frustulia属に似るが、Frustulia属は縦溝を取り巻く肋が発達することで区別できる。また、未処理サンプルでも油滴が明瞭で、葉緑体が殻縁をふちどる2本の線のように見えることで区別できる。
処理済み封入サンプルでは、並行する条線と肋が無いことで容易に区別できる。
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊
生態(分布・栄養段階) 富栄養域の湖沼に生息する
生態(毒性・障害)
参考文献 渡辺ら (2005) 淡水珪藻生態図鑑
1 Craticula sp.
解説
2 Craticula sp.
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.