学名 Ulnaria japonica Tuji
記載論文 Bull. Natn. Sci. Mus. Tokyo ser. B. 34. 2009
よく使われてきたシノニム Synedra acus, Synedra delicatissima var. angustissima
大きさ
分類特徴 針状のプランクトン珪藻で、ダム湖の優占種となる普通種である。
Ulnaria delicatissima (4-29-0)に極めて似ていて、同時に出現することもあるため注意が必要であるが、殻端が細くなること、中央の無紋域が細長いことで区別することが出来る。
従来、Synedra acusあるいは、Synedra delicatissima var. angustissimaと呼ばれていた。Synedra acus (Ulnaria acus var. acus)は付着性種であり、用いない方が良いと考えられる。Synedra delicatissima var. angustissima (= Synedra acus var. angustissima)は、Tuji & Williams (2007)のGrunowのタイプ調査により、本種と異なることが分かり、F.Meisiterが木崎湖から記載した本種を用いることが提唱された(Tuji 2009)。
しかし、MeisterによるMelosira japonicaは、後続異名のため、本種はTuji(2009)によるnew nameとして取り扱われる。
生態(浮遊・塩・季節)
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献 Tuji & Williams (2007)
1
解説
Tuji & Williams (2007)

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.