学名 Fragilaria
記載論文
よく使われてきたシノニム Fragilaria capucina
大きさ
分類特徴 広義のFragilaria属の内、長い群体を作るものをここに入れている。
Fragilaria mesolepta群、Staurosira属の種などからなるが、基本的に付着性種である。
巻き上げにより偽プランクトンとして、プランクトンサンプルに入ることもある。
Fragilaria capucinaと同定されることも多いが、F. caucina var. capucinaは殻の両端に唇状突起を持つ特殊な種類である(Tuji & Williams 2006)
生態(浮遊・塩・季節) 偽プランクトン
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献 渡辺ら (2005) 淡水珪藻生態図鑑
1 Fragilaria sp.
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.