学名 Fragilaria gracilis strup
記載論文 Danske Diat.: 190. pl. 5. f. 117. 1910.
よく使われてきたシノニム
大きさ 殻幅2-3um, 殻長 10-100um
分類特徴 殻幅が細く(2-3um)、群体を形成しない。殻中央の無紋域は不明瞭で、条線も処理した封入標本でないと見にくい。
支笏湖のような貧栄養冷水域に主として出現する。
北浦のような電気伝導度の高い地点で出現する主も本種とされてきたが、SEM観察すると殻端小孔域の形態が異なることから、Tuji (2010 Algae2)は北浦産の個体をSynedra filiformisと同定した。
光学顕微鏡観察では、これらを分けることは困難なため、両タイプともFragilaria gracilis グループにすること。
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献 Tuji (2007)
1 Fragilaria gracilis
解説
Tuji (2013)

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.