学名 Fragilaria crotonensis Kitton
記載論文 Hardwicke's Sci. Gossip 5: 110. f. 81. 1869.
よく使われてきたシノニム
大きさ 殻長40-170µm, 幅2-4µm
分類特徴 湖沼の循環期のプランクトンとして優占する。帯状の群体を形成する。
細胞は中央部で結合し群体を形成する。細胞端に向かって細くなっており、細胞端では、ほとんど細胞同士が結合していない。
長方形の帯面観を持ち、全面で結合しているものはF. mesoleptaなどの付着性のFragilariaである。
F. rumpensも非常に似た帯状の群体を形成するが、F. rumpensは片方の細胞端は結合していることから良いに区別できる。
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊性
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献 渡辺ら (2005) 淡水珪藻生態図鑑
1 Fragilaria crotonensis
解説 帯状群体を作る仲間は多いが、本種は、殻の端がほとんど離れていることで他種と区別できる。
2 Fragilaria crotonensis
解説 帯状群体を作る仲間は多いが、本種は、殻の端がほとんど離れていることで他種と区別できる。

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.