学名 Puncticulata
記載論文
よく使われてきたシノニム Cyclotella comta, C. radiosa
大きさ
分類特徴 明瞭な中心域を持ち,中心域に多数の有基突起の点紋が存在する.この特徴は生の試料でも明瞭に見ることが出来るが、微分干渉顕微鏡を利用したり、酸処理を行ったサンプルで確認する方が容易である。
従来,Cyclotella comtaCyclotella radiosaと呼ばれていた種群が本属にあたる.
点紋が明瞭に放射状に連なるP. praetermissaと,ランダムなPuncticulata comtaが本邦では出現するが,その区別は難しい.
比較的大型で細胞が薄いため、中心類の中では同定が容易である。
生態(浮遊・塩・季節) プランクトン
生態(分布・栄養段階) 清水域の湖沼に優占,北方・冷水性
生態(毒性・障害)
参考文献 辻・伯耆 (2001) 琵琶湖の中心目珪藻
1 P. praetermissa
解説
2 P. praetermissa
解説
3 P. praetermissa
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.