学名 Aulacoseira ambigua f. japonica (F.Meister) Tuji et D.M.Williams
記載論文 Bull. Natl. Mus. Nat. Sci. Tokyo ser. B. 33: 69-70. 2007.
よく使われてきたシノニム Melosira granulata var. angustissima f. spiralis (誤同定)
大きさ 直径3-5µm
分類特徴 湖沼やダム湖の普通種 浅い攪乱の影響のある水域で多く見られる.ダム湖でらせん型の群体を形成するものは本種が大部分である. まっすぐな,A. ambigua f. ambiguaと微細構造に違いが無いため,同一分類群とされることが多いが,本品種はまっすぐなものに比べて,より浅く富栄養化した水域に出現するため,分けて記載する方が好ましいと考えた.
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊
生態(分布・栄養段階) 富栄養域
生態(毒性・障害)
参考文献 辻 (2006)
1 Aulacoseira ambigua f. japonica
解説
2 Aulacoseira ambigua f. japonica
解説 光学顕微鏡観察
辻・伯耆 (2001)

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.