学名 Aulacoseira ambigua (Grunow) Simonsen
記載論文 Bacillaria 2: 56. 1979.
よく使われてきたシノニム Melosira ambigua, Melosira italica (誤同定)
大きさ 直径4-17µm, 殻高 5-13µm
分類特徴 A. granulataに似ているが,殻端の肥厚部分(sulcus)に横溝を持つことで同定できる.この横溝が未処理の生サンプルでも観察できるが,40倍以上の対物レンズで観察する必要がある.本種の棘は非常に短く目立たない.棘が目立つ場合は,A. subarctica群の可能性があるが、ダム湖では琵琶湖水系のA. nipponicaを除いて、A. subarctica群の報告はない。
生態(浮遊・塩・季節) 循環期に一般的に見られるプランクトン
生態(分布・栄養段階) 中栄養〜貧栄養の湖沼で見られる.
生態(毒性・障害)
参考文献 辻・伯耆 (2001) 琵琶湖の中心目珪藻
1 Aulacoseira ambigua
解説 生サンプルでも,横溝のくびれが高倍で観察するとこのように見える.
辻・伯耆 (2001)
2 Aulacoseira ambigua
解説 処理を行ったサンプル
辻・伯耆 (2001)
3 Aulacoseira ambigua
解説 棘は長さが揃い,短い.
辻・伯耆 (2001)

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.