学名 Aulacoseira granulata (Ehrenberg) Simonsen
記載論文 Bacillaria 2: 58. 1979.
よく使われてきたシノニム Melosira granulata
大きさ 直径3-21µm, 殻高 5-18µm
分類特徴 殻端の棘に二種類あり,群体を形成するための結合棘と,群体端に形成される分離棘がある.本種は分離棘が,数本不揃いに細長く尖ることが特徴である.しかし,採集時に折れた場合には,群体の端が結合棘になり,尖っていないため,この特徴だけで分類できない場合もあるので、注意すること。
A. ambiguaと似るが,A. ambiguaは横溝にくびれが見られる事で区別する.この特徴は処理をしないサンプルでも見ることが出来る(図2)
生態(浮遊・塩・季節) プランクトンとして循環期に幅広く分布する
生態(分布・栄養段階) 中栄養~富栄養域に出現する.A. ambiguaよりは,富栄養域に出現する傾向がある.
生態(毒性・障害)
参考文献 辻・伯耆 (2001) 琵琶湖の中心目珪藻
1 Aulacoseira granulata
解説 群体端に形成される分離棘が見られる.
2 Aulacoseira granulata
解説 分離棘が長く伸びる
辻・伯耆 (2001)
3 Aulacoseira granulata
解説 分離棘が長く伸びる
辻・伯耆 (2001)
4 Aulacoseira granulata
解説 結合棘はSEMで見ると逆三角形.
辻・伯耆 (2001)

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.