学名
記載論文
よく使われてきたシノニム
大きさ 細胞の幅:8-45μm、細胞の長さ:20-65μm
分類特徴  細胞は通常、単独で生育する。細胞は紡錘形、卵形または楕円形で、前端が広円形か円筒形にやや突出し、後端が円錐形になって短い突起状になっているものが多い。前端に1本の長い鞭毛を持ち、その近くには1個の眼点があり、遊泳する。周皮には縦方向またはらせん状に平行して並ぶ条線がある。葉緑体は多数あり、小さな円盤状で、それぞれにピレノイドがある。光合成産物であるパラミロンをもつ。パラミロンの形は円盤状か環状で、1個または数個ないし多数ある。パラミロンの形や数は種によって特有である。二分裂による無性生殖を行う。有性生殖は知られていない。
 横断面が円形である点で、Phacus属と異なる。細胞の周皮は硬く、遊泳時に細胞が変形しない点で、Euglena属と異なる。
生態(浮遊・塩・季節) 遊泳性
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献
1 Lepocinclis marsonii
解説  細胞は紡錘形で、前端は乳頭上にやや突出し、後端に尖った針状突起がある。細胞の周皮に平行して並ぶ条線がある。
2 Lepocinclis fusiformis
解説  細胞は楕円形で、前端はやや突出し、後端に尖った短い突起がある。細胞の周皮にらせん状の条線がある。
3 Lepocinclis acus
解説  細胞は細長い紡錘形で、後端は細長く伸びる。遊泳時に藻体はほとんど変形しない。  シノニム:Lepocinclis acus  

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.