学名
記載論文
よく使われてきたシノニム
大きさ 細胞の幅:16-165μm、細胞の長さ:30-400μm
分類特徴  多数の細胞が1列に糸状に並んだ、枝分かれのない糸状体を形成する。細胞は細長い円筒形。各細胞内に1本か2本の、らせん状に回転するリボン状の葉緑体がある。10本から16本の葉緑体をもつ種もある。葉緑体にはピレノイドが1列に多数並んでいる。糸状体の切断による無性生殖、または接合胞子の形成による有性生殖を行う。
 細胞の大きさ、葉緑体の数、接合の仕方、接合胞子の形や大きさなどによって多くの種が記載されている。
生態(浮遊・塩・季節)
生態(分布・栄養段階) 浮遊性
生態(毒性・障害)
参考文献
1 Spirogyra spp.
解説
2 Spirogyra spp.
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.