学名
記載論文
よく使われてきたシノニム
大きさ
分類特徴  4個の細胞が縦横に接着し、四辺形の群体を形成する。群体の中央部に間隙がある。16、32、64細胞またはそれ以上の細胞からなる複合群体を形成することがある。細胞の形は表面観では三角形、楕円形、腎形、側面観は楕円形である。葉緑体は薄板状で1個、1個のピレノイドがある。
 母細胞が十字に分裂し、母群体の縦軸と横軸が娘群体の縦軸と横軸にそれぞれ平行であるものはCrucigeniella属、母細胞が細胞の縦軸に対して斜めに分裂するために、母群体の縦軸と横軸が娘群体の縦軸と横軸と交差するものはCrugenia属と区別されている。
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊性
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献
1 Crucigenia terapedia
解説  母群体の縦軸と横軸が、娘群体の縦軸と横軸と交差する。
2 Crucigeniella crucifera
解説  母群体の縦軸と横軸が娘群体の縦軸と横軸にそれぞれ平行である。

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.