学名
記載論文
よく使われてきたシノニム
大きさ 細胞の幅:3-6μm、細胞の長さ:6-10μm
分類特徴  楕円形の細胞が、細い方を内側にして放射状に密接して並んで小群体を形成し、その小群体が寒天質状の紐状体で互いに連接して球形、楕円形、不定形の群体を形成する。群体は浮遊性。細胞は濃緑色ないし黄褐色、幅3-6μm、長さ6-10μm、1個の葉緑体を含む。細胞内に多数の油滴や澱粉様の顆粒を含む。
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊性。淡水、汽水。
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害) 石油系オイルを産生する。
参考文献
1 Botryococcus braunii
解説
2 Botryococcus braunii
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.