学名
記載論文
よく使われてきたシノニム
大きさ トリコームの幅:約2-7μm
分類特徴  トリコームは糸状で浮遊する、単独であることは稀で、多数集合して束を形成する。トリコームはまっすぐかゆるく曲がり、全長を通じて同じ幅または先端部がやや細くなるが、先端は円いか平坦で、針状に細く尖ることはない。栄養細胞は円筒形、幅と長さがほぼ同じかやや長い、ガス胞を持つ、先端の細胞は長く延びて透明になることがある。異質細胞は円筒形または楕円形、栄養細胞とほぼ同じ幅である。アキネートはトリコームの中ほどに異質細胞から離れて生じ、長円筒形。
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊性
生態(分布・栄養段階) 冨栄養湖沼
生態(毒性・障害) Aphanizomenon flos-aquaeからアファノルフィンが分離されたが、毒性はない。
参考文献 渡邊眞之.2007.日本アオコ大図鑑.pp359.成文堂新光社.東京.
1 Aphanizomenon flos-aquae
解説
2 Aphanizomenon flos-aquae
解説
3 Aphanizomenon paraflixuosum
解説
4 Aphanizomenon yezoense
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.