学名 Oscillatoria kawamurae Negoro
記載論文 Sc. Rep. T.B.D. Sect. B. 6:69-85. 1943
よく使われてきたシノニム
大きさ トリコーム幅:60-80μm;細胞:長さは幅の1/6-1/12
分類特徴  トリコームは真直ぐで隔壁部でくびれない、幅60-80μm、先端部2、3細胞が細くなり円く終わる。トリコームは淡黄緑色で先端は少し肥厚することがある。。トリコームは基質上を這うか、単独で浮遊する。細胞は円盤状、長さは幅の1/6-1/12。トリコーム中央に、1-5列のリボン状にねじれながら並ぶ袋状の物体があり、その内部には気体が含まれている。  トリコーム内部にあるらせん状に連なる空胞が本種の大きな特徴であるが、16S rRNA遺伝子の解析によれば本種は明らかにOscillatoria属である。
生態(浮遊・塩・季節) 着生で基質上を這う、浮遊する場合もある。
生態(分布・栄養段階) 冨栄養
生態(毒性・障害)
参考文献 渡邊眞之.2007.日本アオコ大図鑑.pp359.成文堂新光社.東京.
1 Oscillatoria kawamurae
解説
2 Oscillatoria kawamurae
解説
3 Oscillatoria kawamurae
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.