学名 Microcystis novacekii (Komrek) Compre
記載論文 Cah. O.R.S.T.O.M., Hydrobiol. 8(3-4). 1974
よく使われてきたシノニム
大きさ 細胞の直径:2.3-4.7μm;群体の直径:1mm以下
分類特徴  群体は小さく、球形、楕円体、厚くしっかりした多糖類の基質に覆われ、いくつかの群体が短い数珠状に連なる、大きさは1mm以下。細胞は球形、ガス胞がある、かなり密に集合する、直径2.3-4.7μm。
 細胞がかなり密に集合した小型の群体が、互いに向き合うように連なっているという特徴から他のMicrocystis属の種と区別できる。  
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊性
生態(分布・栄養段階) 冨栄養湖沼
生態(毒性・障害) ミクロキスチンの産生は確認されていない。
参考文献 渡邊眞之.2007.日本アオコ大図鑑.pp359.成文堂新光社.東京.
1 Microcystis novacekii
解説  群体を覆う粘質は比較的しっかりしており、粘質内にPseudanabaena mucicolaやChlamydomonasが混在することがある。
2 Microcystis novacekii
解説  比較的小さな群体。群体の中央部に細胞が密集し、周辺はやや疎になっている。群体を覆う粘質はしっかりしていて、特別な処理をしなくても見える場合がある。
3 Microcystis novacekii
解説  上図と同じ個体を100倍の油浸レンズを用いて撮影したもの。

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.