学名
記載論文
よく使われてきたシノニム Gomphosphaeria
大きさ 群体の直径:約20-80μm; 細胞の直径:約0.6-4.0μm
分類特徴  ほぼ均質な粘質性の基質の表層に多数の細胞が一層に、放射状にまばらに配列して群体を形成している。群体は球形または楕円形で浮遊性。細胞は球形または楕円形、淡灰緑色を示し、内部に顆粒やガス胞などはない。各細胞は群体中央から伸びる糸状の構造物の先端に付着して、群体表層にまばらに配列している。群体の表層に、2個の娘細胞が並列、または4個の娘細胞が十字に配列している。細胞が密着していることはない。
 群体内から伸びる糸状構造物に付着した細胞が群体表層に放射状に配列することからCoelosphaerium属やGomphosphaeria属と区別できる。また群体内で細胞が隙間をあけて配列していることからWolonichinia属と区別できる。  
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊性
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献
1 Snowella lacustris
解説
2 Snowella lacustris
解説

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.