学名
記載論文
よく使われてきたシノニム
大きさ 細胞の直径:1-8μm;群体の直径:20-150μm
分類特徴  球形や楕円形の細胞が、粘質性で球形の群体表層にほぼ均等な間隔で一層に配列している。群体は浮遊性。細胞は淡灰緑色や淡青緑色で、ガス胞をもつものともたないものがある。分裂直後は、半球形の細胞が2個ならんでいる。それぞれの細胞に粘質鞘はない。群体は多くの場合ほぼ球形だが、数個つながっていることがある。群体内部に糸状やひも状の構造などはない。
 細胞が群体の表層に並んでいる点で、Aphanocapsa属やMicrocystis属と区別できる。また群体内から伸びる粘性の構造物をもたない点で、Gomphospaeria属やSnowella属と区別できる。
生態(浮遊・塩・季節) 浮遊性
生態(分布・栄養段階)
生態(毒性・障害)
参考文献
1 Coelosphaerium kuetzingianum
解説  細胞は球形または半球形で、ガス胞をもたない。

ダム湖のプランクトン
Copyright© 2011-2013 国立科学博物館 植物研究部 微細藻類研究室
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.