地衣類って何だろう?
マンガ:地衣類の関係

地衣類とは、菌類の仲間で、必ず藻類と共生しているという特長をもっています。菌類は、藻類と共生すると"地衣体" と呼ばれる特殊なからだを作ります。そして、地衣類を構成している菌と藻は、互いに助け合って生活しています。菌は藻に安定した住み家と生活に必要な水分を与えるかわりに、 藻が光合成で作った栄養(炭水化物)を利用して生活します。両者の共生関係は非常に密接で、地衣体の形態、生理機能、分布などは単独の生物と同じように遺伝します。つまり、あたかも独立した生物のように見えるというわけです。

地衣類は世界中に広く分布し、日本では約1200種が知られています。私たちの身近にも普通に生育していますが、大気汚染や環境の変化には抵抗力が弱い種類が多いために、大都市の周辺からは急激に姿を消しつつあります。しかし、 都市部から離れた林や高山では、地表や岩の上、木の幹を美しく被っている地衣類を見ることができます(図1)>。

●図1 砂漠の地衣類
ソノラ砂漠(メキシコ)

■地衣類とまちがえやすい植物

  地衣類 コケ類 菌類
からだの細胞 菌と藻の細胞 葉緑体を含んだ細胞 菌糸
外形 茎、葉の区別なし
固着、樹枝状、葉状
茎と葉の区別がある
茎葉体、葉状体
茎も葉もない
菌糸の塊、キノコ
灰色、黄緑、橙色など 緑色 肌色、茶色など
ふえかた 胞子、粉芽、裂芽 主として胞子 胞子、粉子など
分類学上の位置 菌類(共生体) 緑色植物 菌類

 
国立科学博物館