東京大学院理学系研究科生物科学専攻

当館と東京大学は1995年(平成7年)から連携・協力して東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻の大学院生に対して研究指導を行っています。

当館には大学や他の研究機関には見られない膨大な標本コレクションがあります。このコレクションの活用をはじめとして、博物館の特徴を活かした研究を希望する学生は、国立科学博物館の研究者の指導を受けられるようになりました。

現在、指導を担当している当館の研究者は6人です。


●海産無脊椎動物分類学 [藤田敏彦 准教授]

●植物進化学 [加藤雅啓 教授]

●人類形態進化学 [海部陽介 准教授]

●魚類分類学 [松浦啓一 教授]

●植物系統分類学 [樋口正信 准教授]

●古生態学 [加瀬友喜 教授]

●リンク