アパトサウルスtop | かはくtop

造形技師(修復)


円尾博美
まるおひろみ

彫刻家

作品制作の合間に化石補修を手掛け、気付けばこの道30余年。
かはくの恐竜展示のおよそ8割は円尾さんによって作業されたものです。補修の他、レプリカの制作も行っており、アパトサウルスの頭骨の制作も円尾さんによるものです。円尾さんの仕事に憧た若者が丸尾さんの元をおとずれ10数人の弟子を抱えて時期もあったそうです。
「裏方の仕事だからね。」と、楽しそうに作業に取り組む姿が印象的でした。
作業道具は、油絵の絵の具
エポキシボンド、石膏(うめるためのもの)、粘土(接着時の支え台として使用)、瞬間接着剤 等である。今回の修復箇所は3カ所。仕上がりは、修復箇所がわからないほどの見事なできばえでした。

造形技師(修復)

【修復・補修作業の様子】
修復の様子1 修復の様子2
細かな亀裂部に石膏を埋め込み補修。 崩れた箇所をエポキシボンドで接着。
接着後、色を加える。

【丸尾さんの七つ道具】
修復七つ道具1 修復七つ道具2
細かい物を扱う時にかかせない。
油絵の具・エポキシボンド・瞬間接着剤・石膏
・油粘土 等

イラストレーター紹介
その他スタッフ紹介
アパトサウルス
作業の様子
作業日記
インタビュー
スタッフ紹介
かはく恐竜展示