博物館実習生受け入れ指導事業
平成20年度から、2コースに分け実施しています。
実習のねらい
博物館の専門的職員である学芸員の資格取得を目指すものに対して、学芸員としての資質を体験的に養成します。
実習の概要
Aコース
研究部等のある筑波地区等において、主として調査研究・資料の収集保管について実習を行います。

Bコース
上野本館において、主として学習支援活動について実習を行います。

実習受け入れから実習修了までの主な流れ

1月頃 大学パートナーシップの受け入れ実績のある大学に通知
2月末 申込締切
3月中 大学あてに受け入れ決定者の通知
6月〜翌年1月頃各班(計6班)の実習
各班の実習修了後、修了証の送付

実習日数・期間

全体実習1日を含む9日間(博物館実習3単位のうち1単位以上に相当)
原則として、水曜日から翌週金曜日までの10日間(うち自主研修日(休日)2日間)

対象・経費

対象
「国立科学博物館大学パートナーシップ」に入会している大学の学生のうち、学芸員の資格取得をめざす学生で、「博物館学概論」を実習前年度までに履修済みの者。
※募集定員に満たなかった場合にのみ、パートナーシップ入会大学以外の学生の公募を行う。
※パートナーシップ入会大学以外の学生の公募がある場合は当ホームページにて、(3月頃)掲載する。
※Aコースについては原則として理系の学生とする。

受入指導経費
実習費として10,290円を徴収する。ただし、大学パートナーシップ入会大学の学生の実習費は5,150円とする。なお、教材等実費として2,000円程度を別途徴収する。

  

実習の受入は、大学を通して行っております。
実習を希望される方は、まず所属大学の教務担当等、博物館実習取りまとめ先へお問い合わせ下さい。



担当:事業推進部 学習課 人材育成担当
TEL:03-5814-9876 (月曜〜金曜 9:00-17:00)
FAX:03-5814-9898
MAIL: upartner@kahaku.go.jp