博物館のお仕事インタビュー

プログラム概要

所要時間 30分
対象 小・中・高等学校の団体
定員 最大15名
内容 博物館の仕事について、当館の職員(教育普及)が子どもたちの質問にお答えします。
ねらい ◎見学するだけではわかりにくい博物館の活動や社会における役割について知ることで、博物館に対する興味・関心や理解を深めます。
◎博物館で働く人から直接話を聞くことを通して、自らの生き方や進路に関する視野を広げたり、学校生活と将来との結びつきを実感し、現在の生活に対する意欲を喚起します。
【注意】
  • このプログラムは、事前に提出していただく課題があります。
  • 研究部職員へのインタビュー受け入れは行っておりません。“博物館の仕事”や“博物館で働く人”に関するご質問に、職員(教育普及)がお答えします。
  • より有意義なインタビューになるよう、事前に当館のホームページ等で調べられることがないかどうか確認してください。質問内容は6,7件程度に絞ると良いでしょう。

事前提出課題

「博物館のお仕事インタビュー」の実施が決まった児童生徒のみなさんには、訪問グループ単位で以下の3点についてまとめ、申込書とともに提出していただきます。書式は所定のものをダウンロードしてご利用ください。

  1. 訪問先として国立科学博物館を選んだ理由(A4用紙×1枚)
  2. 当日の質問内容(A4用紙×1枚)
  3. 訪問者全員の氏名と将来の夢(A4用紙×1枚)

ダウンロード

≪ かはくスクールプログラムのトップへ戻る