分子生物多様性研究資料センター

*当施設は原則公開しておりません。
概要

国立科学博物館には370万点を超える標本が保管されていますが、 その大半は固定や保存のために薬品等で処理されており、DNA研究には用いることができません。

しかし、現代の生物多様性研究においてはDNAを日常的に使用するため、DNAを採取できる標本を 収集・保存することが当館の重要な任務となっています。分子生物多様性研究資料センターはDNA研究用資料、DNAデータ及びDNAを採取した証拠標本を統括的に 収集・保管し、生物多様性研究を発展させるために2006年7月に設立されました。