分子生物多様性研究資料センター

事業
当センターは研究資源となる標本を収集・保管するとともに、DNAを用いた研究結果を保証する役割も担っています。従来の研究においてはDNAのデータを読み取り、DNAデータベースに登録して論文を出版すると、DNAを採取した標本が破棄されてしまう例が少なからず見られました。その結果、DNAデータベースに登録された生物種の同定結果を確認できないという問題が生じています。この問題を解決するためには、DNAを採取した生物の標本を保存する必要があります。DNAデータの証拠標本を永久的に保存することは当センターの重要な任務です。当センターは当面、脊椎動物と高等植物に重点を置いて標本収集・保管を進めるが、将来的には全生物を対象とした活動を行います。