調査研究

国立科学博物館では、地球と生命がどのように進化してきたか、人類が如何に文明を 築いて科学技術を発展させてきたかを、自然史や科学技術史の観点から実証的に、継 続的に探究し、その研究成果を、裏付けとなる標本資料とともに将来へ伝えていきます。 また、この成果を、地球環境や科学技術のあり方を理解し、未来への指針を考える手がかりとなるよう、展示や学習支援活動を通じて社会に還元していきます。

調査研究の概要

国立科学博物館では、自然史および科学技術史に関する中核的な研究機関として、また主導的な博物館として、動物、植物、岩石・鉱物、古生物、人類、科学技術史等を専門分野とする研究者を擁して、様々な機関と連携して調査研究を展開しています。

実施する研究は、基盤研究と総合研究の2つに区分されます。基盤研究は、各研究部等の研究組織ごとにテーマを定めて推進する、標本資料に基づく実証的・継続的研究です。また、総合研究は、最新の研究動向を踏まえた重要な課題等に対して、分野横断的なテーマを設定して期限を定めて行う研究で、現在下記の6本を実施しています。

ミャンマーのポッパ火山における人類学および地質学の調査
79年ぶりに再発見されたシマクモキリソウの絶滅を回避するための人工交配作業

【総合研究テーマ一覧】
・博物館・植物園資料を活用した絶滅寸前種に関する情報統合解析
・ミャンマーを中心とした東南アジア生物相のインベントリー
 −日本列島の南方系生物のルーツを探る−
・化学層序と年代測定に基づく地球史・生命史の解析
・黒潮に注目した地史・生物史・人類史
・我が国における科学・技術史資料の保存体制構築に向けた基礎的研究
 −現存資料の保存状況とその歴史的背景−
・日本の生物多様性ホットスポットの成因と実態の時空的解明

研究活動の詳細については「研究と標本・資料」のページをご覧下さい。

科学者資料の整理・記載作業
魚類関係資料整理風景

後継者養成の取組

分類学などの自然史科学を担う次世代の研究者を専門に教育できる大学が少なくなり、専門研究者の後継者養成が大きな課題となっています。このため国立科学博物館では大学との連携により、連携大学院として、東京大学、筑波大学、茨城大学、東京農工大学、九州大学の大学院生の指導にあたっています。このほかにも、日本学術振興会の特別研究員の受け入れや独自の特別研究生制度を設け、次世代を担う研究者の育成を図っています。

詳細については後継者養成のページをご覧下さい。

研究室で研究中の連携大学院生
研究室で研究中の連携大学院生)