標本資料の収集・保管

地球や生命の歴史と現状および科学技術の歴史を研究するためには、自然物や科学 技術の産物などの「モノ」が不可欠です。国立科学博物館の使命は、この「モノ」を継続的・長期的に収集・保管し、将来にわたって継承していくことです。当館の標本資料は、学名の基礎となるタイプ標本など、国際的にも永続的な保存が要請されています。

標本資料は現在および将来の研究に貢献することはもとより、展示や学習支援活動を通じて、人々の科学に対する理解を深めることにも役立っています。

哺乳類標本室(自然史標本棟7階)
哺乳類標本室(自然史標本棟7階)

ナショナルコレクションの構築

 当館が保有する標本資料は、動物・植物・菌類標本、生きた植物、鉱物、化石、人骨、科学・技術史資料など多岐にわたります。国内外の膨大な標本群を核に、学名の基となるタイプ標本や重要文化財、世界的にも貴重な標本資料を含んでおり、質・量とも我が国でトップ水準にあります。

 所有する標本資料および情報は統合的に管理され、「標本・資料統合データベース」を通じて、一般に公開しています。その他、タイプ標本をはじめ魚類、海棲哺乳類、菌類、古植物文献など対象別に各種のデータベースを構築し、国内のみならず、世界中の研究者の活用に供しています。

 また、様々な生物群の遺伝資料の網羅的な収集を進め、さらにDNA 試料を採取した証拠標本とその遺伝子情報を一体的に収集・保管することで、科学的再現性を担保したコレクションの充実に努めています。

 大きさも形状も様々に異なる標本資料を将来にわたり良好な状態で保存し続けるためには、温湿度管理や保管環境の整備を進める必要があります。また、増加する標本資料のため、新たな収蔵スペースの確保も重要です。科博では次世代の収蔵庫のあり方について検討するなど、日本として誇れる数と質をもったナショナルコレクションの構築を目指します。

超低温冷凍庫で保存されているDNA・組織標本
超低温冷凍庫で保存されている
DNA・組織標本

全国的な標本資料情報の収集と発信

 当館は、科学系博物館のナショナルセンターとして、全国の大学、研究機関、博物館等がそれぞれに所蔵する自然史資料、科学技術史資料の情報を集約・共有し、広く発信することで、資料の利活用の促進、さらには散逸を防止し確実に未来に継承していくことを目指しています。

 自然史資料については、大学、博物館等の協力を得て、登録する資料のデータ形式を標準化し、各機関の所蔵資料を横断的に検索できる統合検索システムを構築し、当館がポータルサイトとして運用する「サイエンスミュージアムネット(S-Net)」を通じて広く共有しています。また、これらの情報を、生物多様性情報の共有と発信に関する国際機関「地球規模生物多様性情報機構(GBIF)」に提供し、世界に発信しています。さらに、大学や博物館等が所有する貴重な標本資料の散逸を防ぐため、多数の機関と協力し、セーフティネットの構築にも取り組んでいます。

 一方、科学技術や産業技術に関する歴史的資料については、学会や工業会等と協働で調査した情報を当館が運営する「産業技術史資料データベース」で公開しています。あわせて、各地の産業技術史系博物館等に所蔵されている資料を登録したデータベース「産業技術史資料共通データベース(HITNET)」を運営しています。また、科学技術史上特に重要である資料を重要科学技術史資料(愛称・未来技術遺産)として選出・登録・発信し、文化の中でどのように位置づけられるかを明確にすることで、産業技術史資料の価値及びその保存を呼びかけています。

標本・資料統合データベース
標本・資料統合データベース

S-Net
S-Net

筑波地区への研究機能の集約

新宿分館と産業技術史資料情報センターの筑波地区への移転が平成24年3月に完了し、4月から筑波研究施設において業務 を開始しました。調査研究機能と標本資料の収集・保管機能が筑波地区に集約したことで、研究の効果的・効率的な推進を図る とともに、分野を超えた横断的研究を一層推進します。

自然史標本棟(左)と総合研究棟(右)
自然史標本棟(左)と総合研究棟(右)
筑波地区への研究機能の集約イメージ
大型液浸標本室(自然史標本棟1階)