標本資料の収集・保管

地球や生命の歴史と現状および科学技術の歴史を研究するためには、自然物や科学 技術の産物などの「モノ」が不可欠です。国立科学博物館の使命は、この「モノ」を継続的・長期的に収集・保管し、将来にわたって継承していくことです。当館の標本資料は、学名の基礎となるタイプ標本など、国際的にも永続的な保存が要請されています。

標本資料は現在および将来の研究に貢献することはもとより、展示や学習支援活動を通じて、人々の科学に対する理解を深めることにも役立っています。

哺乳類標本室(自然史標本棟7階)
哺乳類標本室(自然史標本棟7階)

ナショナルコレクションの構築

当館の保有する標本資料は、動物・植物・菌類標本、生きた植物、鉱物、化石、人骨、科学・技術史資料など多岐にわたります。国内外の膨大な標本群を核に、学名の基となるタイプ標本や世界的にも貴重な標本資料を含んでおり、質・量とも我が国でトップ水準にあります。

これら所有している標本資料および情報を、標本・資料統合データベースを構 築して、インターネットを通じて公開しています。また、タイプ標本データベースを はじめ魚類や海棲哺乳類、蘚苔類や菌類など対象別に各種のデータベースを公 開し、国内のみならず世界中の研究者の活用に供しています。

標本資料センターは、国立科学博物館が保有する標本資料や資料情報の収集・ 管理体制を整え、国家的規模で標本資料の充実を図り、ナショナルコレクション を構築していきます。

また、分子生物多様性研究資料センターは、これまでの標本資料に加え、証拠 標本とセットにしたDNAサンプルとその情報を統合して収集保管しています。

超低温冷凍庫で保存されているDNA・組織標本
超低温冷凍庫で保存されている
DNA・組織標本

全国的な標本資料情報の収集と発信

我が国の科学系博物館のナショナルセンターとして、全国の科学系博物館等が所有する標本資料およびホームページについての情報を集約・発信し、それらの情報を共有するために、サイエンスミュージアムネット(S-Net)を構築しています。また、生物多様性に関する国際プロジェクトである地球規模生物多様性情報機構(GBIF)の日本の拠点(ノード)として、S-Netで集められ た国内の自然史標本情報を、GBIFを通じて世界に発信しています。

平成21年度からは、当館の標本資料を統合的に管理する標本・資料統合データベースからS-NetやGBIFへも情報を提供しています。

また、各地に残る科学技術史上特に重要である資料を重要科学技術史資料として選出・登録し、その情報を公開することで資料の末永い保存を呼びかけます。

さらに、大学や博物館等で所有していた貴重な標本資料の散逸を防ぐため、セーフティネットの構築に取り組んでいます。

標本・資料統合データベース
標本・資料統合データベース

S-Net
S-Net

筑波地区への研究機能の集約

新宿分館と産業技術史資料情報センターの筑波地区への移転が平成24年3月に完了し、4月から筑波研究施設において業務 を開始しました。調査研究機能と標本資料の収集・保管機能が筑波地区に集約したことで、研究の効果的・効率的な推進を図る とともに、分野を超えた横断的研究を一層推進します。

自然史標本棟(左)と総合研究棟(右)
自然史標本棟(左)と総合研究棟(右)
筑波地区への研究機能の集約イメージ
大型液浸標本室(自然史標本棟1階)